スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新出生前診断

こんな記事見つけました。



新出生前診断:羊水検査後陽性53人中絶 3500人解析

 妊婦の血液から胎児の疾患の有無を判定する新型出生前(しゅっせいぜん)診断(NIPT)の臨床研究で、診断結果が陽性反応だった67人のうち、その後の羊水検査などで陽性が確定した少なくとも54人のうち53人が中絶を選んでいたことが分かった。臨床研究を実施する研究者らが参加する組織「NIPTコンソーシアム」(組織代表=北川道弘・山王病院副院長)が今年4月から9月末までに検査を受けた約3500人について解析した。仙台市で開催中の日本人類遺伝学会で22日、発表する。

新型出生前診断は今年4月に開始。染色体異常によって起きるダウン症(21番染色体の数に異常がある21トリソミー)、いずれも重い心疾患などを伴う13番染色体異常の「13トリソミー」、18番染色体異常の「18トリソミー」の3疾患が対象。陽性と判定されても、35歳の妊婦では胎児がダウン症である確率は80%程度にとどまるため、羊水検査などを受ける必要がある。


続きはこちら↓
http://sp.mainichi.jp/select/news/20131122k0000m040122000c.html




出生前検査にてダウン症(陽性)と 診断された54人の内53人が中絶。。。
中国では当たり前のことみたいだって聞いてたけど、日本でも当たり前なの?




授かった命なのに。。。

なんかとても悲しい。。。




続いてググっていると、、、

こんな記事見つけました。


朝日新聞―――

ダウン症

http://www.jdss.or.jp/project/images/05/13110602.pdf


出生前診断に新手法 費用8分の1、異常発見確率は8割

【岡崎明子】妊娠初期に胎児にダウン症などの染色体異常があるか調べる新たな出生前診断を、昭和大など6施設が始める。妊婦の血液検査と超音波検査を組み合わせた。今春、国内で始まった新型診断に比べて、費用は8分の1ですみ、年齢制限も設けないが、異常を見つけられる確率は約8割にとどまる。急速に広がる可能性があり、妊婦への支援や遺伝相談の充実がより重要な課題になる。

 計画しているのは、遺伝カウンセリング体制が整っている昭和大(東京)など大学病院を中心に、国立成育医療研究センター(東京)が加わる。施設内の倫理委員会の承認を受け、早い施設は10月中旬以降に始める。検査を受けた母親や胎児の経過も追い、検査法に問題がないか検証するため、連携して臨床研究の形で行う。正式に実施が決まれば、参加施設名は公表される見通しだ。

 今回の検査は、血液中の特定のたんぱく質の濃度などを測る新しいタイプの「母体血清マーカー」に、超音波で胎児の首の後ろのむくみを測る検査(NT測定)を組み合わせ、妊婦の年齢を考慮して染色体異常の確率を出す。妊娠11~14週で検査が可能で、異常を見つけられる確率(検出率)はダウン症で83%、18番目の染色体が3本あり、精神遅滞や様々な発育異常が出る18トリソミーで80%という。


http://www.asahi.com/national/update/1003/TKY201310020612.html


新手法って!

「事前に中絶できる、いい方法が見つかった」みたいに聞こえるのは私だけ?




詳細は「公益財団法人 日本ダウン症協会」出生前検査について

http://www.jdss.or.jp/project/05_02.html




ダウン症の母ではないから、ダウン症児を育てる大変さとか、他の人が味わえない幸せとか、解らないけど、、、

命の重さは同じだと思う。



ダウン症だとわかったから、中絶??




私は、障害児の母として、息子を授かって今、幸せです。

だからって、障害児を産みなさいとは言えないけど…



もし、子どもを授かって(年齢的に無理だけど)その子が障害だとわかっても、また、産みます。

確実に。


スポンサーサイト
Category: 情報提供

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。